ヘルシンキで観る最後の晩餐☆

6月に訪れたヘルシンキ

港からすぐ近くにある北欧最大のロシア正教

ウスペンスキー寺院

少し改装中でしたがきらびやかな装飾は素晴らしい。

ちょうど沖縄からの修学旅行?中の生徒さんが「最後の晩餐」と言ったので

思わず目の悪い私は「どこ?」と聞き返してしまった

中央下の花形イコン

よく観ると

あー本当、最後の晩餐っぽい

それでも私にはおぼろげにしか見えず…

ロシア正教にも最後の晩餐⁉…もちろんロシア正教もキリスト教なのだから

キリストの最後の晩餐があるのもおかしくはない。ロシアや東欧の歴史にうとい私…池上彰さんの本で勉強しなきゃ。

大聖堂や教会、寺院など様々な建築で建てられているキリスト教

仏教も南アジアの方へ行くと電光が付いていたりキラキラの仏像も有ったり…寺院も様々ですね。

北欧ハーブ研修へ☆

お久しぶりです。

今年も6月に北欧ハーブ研修へと出かけてきました。

今回はここ

ムーミンの国〜と言えばおわかりですね。

ヘルシンキ大聖堂

カモメも多く可愛いけれど

外での食事は危険です。

フィンランドと言えばサウナ

朝サウナも気持ち良い!

フィンランドは9時間半で行けれる本当に一番近いヨーロッパ

隣がロシアなのでロシアからの文化も多く西欧とはまた違った雰囲気がありますね。

フィンランドもフライトか便利だし、ハマりそうです。

食べ物が身体を作る☆

名古屋で綺麗♬アロマ・エステ・美鍼灸サロン プチ・ソメイユの桑山ユミです。

食の大切さはかなり重要。

間違った知識やら洗脳やら癒着やら…

なかなか真実は見えてこないですが、やっぱり手をかけて作られた野菜いっぱいの食事が美味しい。

先日のテレビでグラノーラを発酵!こういったものも発酵させているんですね。

玄米やナッツの発芽毒も気になりますが、火を入れたり浸水させたりで発芽毒も無くなります。

正しい知識で、何が自分にとって良いものか選ぶことも大切ですね。

バルト三国〜エストニア☆

名古屋で綺麗♬アロマ・エステ・美鍼灸サロン プチ・ソメイユの桑山ユミです。

最近とっても興味があるバルト三国。

とあるテレビ番組でエストニアの海岸ハーブサルの町で有名な泥テラピー

泥パックで体調改善

韓国の赤土みたいに

ホットパックとしても活用。やっぱりどこの国も健康の為には自然の物を最大限に取り入れていますね。

泥を毎日扱っている↑このお姉さん、体がポカポカしてるようです。

今年は、バルト三国へ行きたいなぁ。

自然がいっぱいで多くの美肌グッズが見つかりそう!

シンプルジェルカラー☆

名古屋で綺麗♬アロマ・エステ・美鍼灸サロン プチ・ソメイユの桑山ユミです。

ようやく新色とともに新マシーンも入荷してきました。

マシーンもめちゃ軽くなって、指の位置も上手くライトが当たる様に工夫されていますよ。

フランスにいた当時、まだジェルネイルをされる方も少なく、パリでもまだ珍しいほどだったと思います。

フランスでは、ほぼケア重視。カラーもとってもシンプルなものが好まれていました。

その後数年でジェルが主流になり、ネイルサロンも軒並み増えていたのには驚きました。

もはやネイルは身だしなみの一部ではなく、ネイルはファッションの一部となった現代、デコレーションが流行ったのは数年前、今や日本でもシック&シンプルカラーが主流になってきました。

綺麗に見せてくれて、はやく乾き、カラーの持ちも良いジェルはまさに現代の女性にぴったり。

今や爪に負担がかかるアスリートの為の爪ジェルも常識です。

  1. 時代はより快適に動きます。

カカオポリフェノール☆

名古屋で綺麗♬アロマ・エステ・美鍼灸サロン プチ・ソメイユの桑山ユミです。

チョコレートと言えば”アンチエイジング”や”健康”のキーワード

こちらマリーアントワネットのチョコレート

1779年6月 マリーアントワネットは王室薬剤師”スルピス ドゥボーヴに苦い薬を飲みやすくするよう命じ生まれたのが『マリーアントワネットのピストル』のチョコレートです。

ピストルチョコレートがちょうど向かって下段の一番左、72%、85%、99%のカカオのものがあります。

王室薬剤師のスルピスさんがフランス革命後に左岸フォーブルサンジェルマンに開いたパリで1番歴史を持つチョコレート店がこのDEBAUVE ET GALLAISです。

南米で発見され秘薬としてヨーロッパにもたらされたカカオ。最初はとっても苦く飲みにくかったカカオですが、後にミルクを入れたりして美味しいショコラの飲み物も登場してきます。

抗酸化力の高いカカオは血管系にも素晴らしい働きをしてくれますよ。まさに秘宝薬ですね。

スリランカのアーユルヴェーダ☆

名古屋で綺麗♬アロマ・エステ・美鍼灸サロン プチ・ソメイユの桑山 ユミです。

一昨年前の海外研修でスリランカへ訪れました。

10年ほど前に行ったインド・アーユルヴェーダ旅行。いつかスリランカのアーユルヴェーダも見てみたいと思っていました。

そう、それは突然に。決めてから旅行まで早かった〜。毎年何処かの国に研修へ行っていますが、決めるまでが大変。行きたいところ見たい国は多く、困ります💦

インドと同じく、ハーブから作られたアーユルヴェーダオイルがたくさん。アーユルヴェーダと言えばオイル!なんですね。

街自体が世界遺産のキャンディの街中には薬局も多くあり、店頭には上の写真のように薬草が並べられています。

アーユルヴェーダ専門の国営病院もあります。なぜか軍隊の守衛がいて中の撮影はできませんでした。

知り合ったアーユルヴェーダのドクターの一人と今でも連絡をしています。

なんと今年は友人が私の代わりに逢いに行きますよ〜。あー私もドクターのアーユルヴェーダをまた学びに行きたいわぁ。

ブルガリアではローズ水は万能薬☆

名古屋で綺麗🎶アロマ・エステ・美鍼灸サロン プチ・ソメイユの桑山ユミです。

6月のブルガリア・ローズの谷のローズ

まさにダマスクローズが採れ頃の季節でした

袋にいっぱいのローズが朝のローズ積みで次々と蒸留場に何袋も集まってきます。

ファミリー総出でローズ積みをしている方が多く

次から次と積んでいます。

ローズがほとんど無くなっていますよね↓

フィリップさんの蒸留場では銅の蒸留機を用いてこのローズが採れるハイシーズンは24時間稼働しています。

ローズシーズンと言ってもたった3週間❗️

アルバ、ダマスク、センティフォリアの3種類全てがこの3週間で蒸留されますよ。

ブルガリアの人達はこの蒸留によって採れるローズ水を飲用、外用して

さまざまな不調改善に用いています。

もちろん女性の生理痛や更年期、浮腫みや美白などにピカイチ👍

日本にもローズ畑が増えると良いなぁ🌹

美肌に嬉しいブルガリアの硫酸塩泉☆

名古屋で綺麗🎶アロマ・エステ・美鍼灸サロン プチ・ソメイユの桑山ユミです。

今年の6月のバラシーズンギリギリに訪れることができたブルガリア

ヨーグルトはもちろんローズで有名ですが、

最近ではミネラル豊富なテルメでも有名です。

中でも好評なヒサリャテルメにもよりました。

テルメではお湯が常時流れています

ここの源泉は

ナトリウム硫酸塩泉

おもに高血圧や動脈硬化、たん汁分泌を良くし便秘にも良いとされています。

同時にカルシウムやマグネシウムも多いのでお肌にも嬉しく、飲料での効果も期待できるので、皆さんお湯を汲みに訪れています。

日本の様な熱い温泉はありませんが、冬にはマイナス気温になるブルガリア…

そんな時にはもう少し暖かいテルメが恋しくなりますね。

代わりにテルメの温泉水を使った本格的なスパが併設されています。

今回はこの1つしか訪ねる時間がありませんでしたが

次回はブルガリアのテルメ巡りをしたいものです。