ヘルシンキで観る最後の晩餐☆

6月に訪れたヘルシンキ

港からすぐ近くにある北欧最大のロシア正教

ウスペンスキー寺院

少し改装中でしたがきらびやかな装飾は素晴らしい。

ちょうど沖縄からの修学旅行?中の生徒さんが「最後の晩餐」と言ったので

思わず目の悪い私は「どこ?」と聞き返してしまった

中央下の花形イコン

よく観ると

あー本当、最後の晩餐っぽい

それでも私にはおぼろげにしか見えず…

ロシア正教にも最後の晩餐⁉…もちろんロシア正教もキリスト教なのだから

キリストの最後の晩餐があるのもおかしくはない。ロシアや東欧の歴史にうとい私…池上彰さんの本で勉強しなきゃ。

大聖堂や教会、寺院など様々な建築で建てられているキリスト教

仏教も南アジアの方へ行くと電光が付いていたりキラキラの仏像も有ったり…寺院も様々ですね。

シミやたるみ、シワ改善に大切な事☆

お肌

見れば見るほど気になりますよね。

遠目で見てると気がつかない、でもやっぱりたまには間近で見るべし❗️

写真は修正できますからね。ここまで美しいのは憧れですね。

まずは光

老化の8割は光が原因だそうです。そうです、紫外線も光、パソコンやスマフォなども光、今は敵が多い時代ですね。

そして糖

皆さまもう既によくご存知かと思いますが糖の過剰摂取はタンパク質や脂質と合体して糖化を起こします。一種の炎症=老化ですね。

そしてもちろん血流を良くすること

さあしっかりと正しい情報を得て

アンチエイジングライフを始めましょう。

遅くはありませんよ、お肌も望めば変わります❗️

そう、最も大切なのは希望。

英国総督 最後の家☆

日本の終戦から2年後の1947年イギリスが300年も統治してきたインドの解放。それに伴いパキスタンとインドという国の分裂。想像もしなかったがバックにいるのはどの国か…

500人の使用人が住む家、素敵なインテリアと広大な敷地にはとてもびっくりさせられます。最初に出された犬のエサの肉を総督婦人とその娘はイギリスではめったに食べられなかったのでしょう、我慢できずつまんで食べてしまいます((笑))それだけ超贅沢な家だったのですね。この最後の家はのちのインド政府になります。

宗派の違いで虐殺そして分裂してしまうのですが、こんな歴史があったとは。歴史は勝者によってつくられる(勝者のに取り良い話に作り替えられると私は取りました)知られていない本当の真の歴史を知りたいですね。

英国総督 最後の家  おすすめです。

北欧ハーブ研修へ☆

お久しぶりです。

今年も6月に北欧ハーブ研修へと出かけてきました。

今回はここ

ムーミンの国〜と言えばおわかりですね。

ヘルシンキ大聖堂

カモメも多く可愛いけれど

外での食事は危険です。

フィンランドと言えばサウナ

朝サウナも気持ち良い!

フィンランドは9時間半で行けれる本当に一番近いヨーロッパ

隣がロシアなのでロシアからの文化も多く西欧とはまた違った雰囲気がありますね。

フィンランドもフライトか便利だし、ハマりそうです。