昔は精進食としてだったシュトーレン☆

名古屋で綺麗🎶アロマ・エステ・美鍼灸サロン プチ・ソメイユの桑山ユミです。

シュトーレン

大好きなパン

ドイツやフランスのアルザス地方ではクリスマスシーズンに欠かせない伝統菓子。

今月号のエルグルメには

シュトーレンは9月ごろこら12月にかけて少しずつ食べては熟成による変化を楽しむのだそう。

その起源は14世紀ドイツ、キリスト教の象徴的なお菓子として9月から12月の断食の際にたべられていたらしいです。

かつてはバターや牛乳も含まれない精進食だったようですが、現在ではバターや牛乳、砂糖なども入った栄養たっぷりのパンになっていますね。

マリオットのシュトーレンは美味↓

一度は手作りしてみたい!

実際マクロビ教室で一度作ったのですが、ちょっと思っていたシュトーレンと違ったシュトーレンでした。

またぎっしりどっしりとしたシュトーレンに挑戦してみたいと思います。